ピックアップ

痩せるならリバウンドはしたくない!厳しい食事制限は辛い!というあなたに様々な痩せるための方法や継続するコツなどを紹介します!自分にあった痩せる方法を見つけて見違えた身体になりましょう!

痩せようと思っていても、具体的に何をしたらいいのかわからないという方も多くいるでしょう。
基本的に痩せるためには、運動で脂肪を燃焼させることが大切です。
ただし運動をたくさんすればいいというわけではなく、鍛えすぎると筋肉で重くなってしまうので注意が必要です。
激しい運動をしすぎると筋肉で体重が増えてしまうことから、自分がなぜ太ってしまったのか原因を考えることも忘れてはいけません。
太った原因によって、適した痩せ方には違いがあります。
普段は運動をしていない方にとっては、継続して続けるのは大変なことです。
そのようなときに、どのようにモチベーションを維持すればいいのか把握し、無理なく痩せるための方法について考えるようにしましょう。

痩せるには運動で脂肪燃焼させるのがベスト?

運動で脂肪燃焼する女性たち

太ったと感じたとき、まずポイントとなるのが、どのような方法で痩せることができるのかという点です。
当たり前のことですが、何もせずに今まで通りの生活を続けていたら、痩せることはできません。
太ったことを問題だと考えているのであれば、まずは行動するという姿勢も大切です。では具体的に痩せるためには、どのような行動をとればいいのでしょうか。
その選択肢の1つが、運動をすることです。太った原因の1つに、運動不足という点があげられます。オフィスワークが中心の方は、あまり体を動かす機会がないという方も多くいます。
仕事だから仕方がないとしても、体を動かす機会が少なければ、体重も増加しやすくなってしまいます。
だからこそ、少しでも体を動かす機会を作ることが大切です。運動といっても、1日1時間のように長い時間を確保して行う必要はありません。
大切なのは長時間ではなくても、1日10分くらいでもいいので、継続して行うことです。脂肪燃焼をするためには、1時間以上の運動が絶対条件だと考えている方もいるでしょう。
運動で脂肪が燃焼され始めるのは、1日30分以上の運動をした場合です。ですが体を動かすということには、動かして脂肪を燃焼させる以外の効果も期待できます。
体を動かすということのポイントの1つが、筋肉をつけるという点にあります。筋肉量が増えれば、体が消費するエネルギー量が増えます。普段は運動しない方の場合、どうしても筋肉が弱くなってしまいます。
つまり筋肉量が減ってしまうだけで、太りやすい環境を整えてしまうことにもなるのです。そのような環境から脱出するためにも、少しでも筋肉量を増やす必要があります。
では筋肉量を増やしたい場合には、どのような点に注意したらいいのでしょうか。そこで必要になるのが、1日10分でもいいので少しでも体を動かす習慣を作るという点です。
例えば日中はオフィスワークで座ったままという方は、通勤時間を利用して体を動かす習慣を作るのも1つの手です。
通勤中にエスカレーターを使うという方も多くいるでしょう。そこをエスカレーターではなく階段を利用するようにするだけでも、筋肉を増やす効果が期待できます。
痩せるための運動と聞くと、ジムに通ってトレーニングを行うなど、特別なことをしなければいけないと思っている方もいるかもしれません。
ですが特別なことを行う必要はなく、日常生活の中の小さな工夫で、体を動かす習慣を作ることは可能です。エスカレーターではなく階段を使うようにするだけで意味があるのか、疑問に思う方もいるでしょう。
もちろん、ちょっとした違いでは、すぐに効果が出るようなことはありません。効果を期待したければ、小さな努力でも継続して行うことが必要です。
自分がどのくらいで痩せたいのかという点に合わせて、運動の量や頻度を決めることで、自分に合ったペースで痩せることにつながります。

激しい運動をし過ぎると筋肉で体重は増加する

激しい運動をする女性

早く痩せたいので、激しい運動をしたらいいと思っている方もいるかもしれません。
早く体重を減らしたいのであれば、運動量を増やすことも大切です。
だからといって、たくさん運動したら、体を動かした分だけ痩せるとは限りません。
激しい運動を行ったときの注意点が、体を動かすことで筋肉がつくことです。
このときのコツとなるのが、筋肉と脂肪の量を考えながら運動を行うということです。
実は筋肉というのは、脂肪よりも重いのです。
もちろん脂肪を消費するためには、ある程度の筋肉は必要不可欠です。
筋肉があることで、体のエネルギー消費を助ける役割が期待できます。
ですが鍛えすぎると、体重の増加にもつながるので注意が必要です。
では運動をして体重を増加させないためのコツとして、どのような点に注意したらいいのでしょうか。
そのポイントの1つとなるのが、どのくらい運動するのかというスケジュールを作るという点です。
スケジュールで自分がどのようなことをしたのか把握することで、激しい運動をし過ぎていないのか、管理できます。
何をしたのか把握することによって、運動の量を調整しながら、健康的な痩せ方をすることにつながります。
人によっては、激しい運動をしなければ、運動をしたという実感がわかないという方もいるでしょう。
そのような方の痩せ方としては、激しい運動をするとしても、体を動かす頻度を減らすのもコツの1つです。
毎日激しく体を動かしていたら、筋肉が増えて体重も増えやすくなります。

計画性のあるダイエットが大切

そこで痩せ方として、週に5日ではなく、週に3日にするなど、頻度を調整してみましょう。
激しい運動は毎日行うと途中でモチベーションが下がってしまうこともあるので、頻度を調整することは、筋肉量の増加を抑えるという点以外のメリットも存在しています。
また激しい運動をしたいという方は、筋肉量以外にも注意しなければならない点があります。
それが痩せ方によっては、無理をして体を壊してしまう可能性です。
今まであまり運動をしてこなかった方がいきなり激しく体を動かしてしまったとしたら、筋肉痛になってしまうなど、体に負担が掛かる可能性が高いのです。
筋肉痛や疲労で運動が嫌になってしまったら、ダイエットを継続して行えなくなってしまいます。
激しい運動をしたいのであれば、無理なく計画を立てることが必要です。
一人でどのようなスケジュールを立てたらいいのか、わからないという方もいるかもしれません。
そのような方は1人で計画を立てるのではなく、トレーナーの方などに頼って計画を立てるのも1つの手です。
スポーツジムなどのジムに通うことで、ダイエットをすることも可能です。
スポーツジムの特徴の1つが、激しめの運動ができることです。
運動をしたという実感を得ながら、トレーナーの方に、自分の体力に合わせて無理のない計画を立ててもらえます。
その計画に沿って頑張ることで、無理なく運動を続けることにつながります。

太った原因によって最適な痩せ方は変わる

体重が増えたとき、どのような痩せ方をしても、同じように痩せることができると思っていませんか。
ですが同じ痩せ方に取り組んだとしても、同じように痩せることができると限りません。
同じように努力をしたとしても、痩せられる方もいれば、体重にあまり変化がない方もいるのです。
では同じ時間だけ同じ運動をしたとしても、痩せられる方と痩せられない方の違いは、どこに存在しているのでしょうか。
その違いというのが、太った原因が異なることです。
太った原因が異なれば、適した痩せ方には違いがあるので注意しましょう。
自分に適した痩せ方を探すコツが、今までの自分の生活を振り返って、なぜ太ってしまったのか考えることです。
原因が見えてきて初めて、適した痩せ方を考えることにつながります。
太ってしまった原因として多いのが、運動不足によるものです。

オフィスワークの女性

オフィスワークで座り仕事が中心などの影響で、体を動かす機会があまりないという方も多くいます。
そのように体を動かす機会が少なくなったことが原因で、太ってしまうという可能性があります。
運動不足が原因で太ってしまった方は、運動量を増やせば痩せられる可能性が高くなります。
また座り仕事が中心という方は、ずっと座りっぱなしで仕事をするのではなく、時々席を立つ機会を増やして、少しでも体を動かす機会を増やしましょう。
太ってしまった方の中には、営業の仕事で普段からよく体を動かしているという方もいます。

食べ過ぎが原因である場合のダイエットについて

もしも体を動かしているのにも関わらず太ってしまったということは、運動不足が原因ということはありません。
そのため運動以外の原因で、なぜ太ってしまったのか考えるようにしましょう。
例えば運動をしているのにも関わらず太ってしまう原因の1つとして、食べ過ぎがあげられます。
普段の食事を食べ過ぎているという方もいれば、間食の回数が多いという方もいます。
また食べている量はあまり多くないとしても、カロリーが高いなどの理由で体重が増えているのかもしれません。
自分が何を食べているのか考えて、太った原因は何なのか考えていくようにしましょう。
間食が多いことが原因で太ってしまった方は、間食の回数を減らすのも1つの手です。
また間食で何を食べているのか考えて、どのくらいのカロリーを摂取するのか考えてみることも大切です。
食べている回数と摂取カロリーを見直すことで、1日の摂取カロリーを減らすことにつながります。
食べる量が多いことが太った原因だとわかっても、食べるのが好きだから、食べる量を減らしたくないという方も多くいるかもしれません。
そのような方は、食べる量は減らさずに、食べるタイミングやカロリーが低くて満腹感が得られる食材を食事に取り入れましょう。
深夜のラーメンとおやつのラーメンでは、同じラーメンでも体に吸収される脂肪の量が異なります。
少しでも体重を増やさないために、どのような食べ方をすればいいのか、知識を蓄えることも大切です。

ダイエットのモチベーションを維持するコツ

ダイエットをするうえで、一番大切なことは何でしょうか?運動や食事に気を使うことも大切です。
ですが運動というのは、1日だけ行えば効果が得られるというものではありません。
週に数回、できれば毎日というように継続して行うことでダイエットの効果が期待できるようになります。
継続して運動を行うために大切なことが、どのようにモチベーションを保てばいいのかということです。
痩せたいという思いがあったとしても、その思いだけでは、モチベーションを保つのは難しいのです。
そこでモチベーションを保つコツの1つに、何のために痩せたいのかという目標を立てるという方法があげられます。
痩せたいという思いには、なんとなく体型が気になるという理由だけではなく、水着をキレイに着こなしたい、夏の露出が多くなる服を着る前に体重を減らしたいなどの目標がある方も多くいます。
そのような目標をしっかりと立てることによって、その目標に向けて頑張るモチベーションを作ることにつながります。
また目標を立てるだけではなく、自分へのご褒美を作ってあげることもモチベーションをあげるために必要です。
体重を減らすためとはいっても、毎日のように継続して運動を行うのは簡単なことではありません。

ご褒美を設定してモチベーションを維持する

だからこそご褒美を作って、モチベーションを維持することが大切です。
ご褒美を作るときのポイントになるのが、どのようなタイミングでご褒美を用意したらいいのかという点です。
例えば1か月で体重が5kg減ったら、ご褒美にバックを買おうと考えている方もいるかもしれません。
ですが1か月後のご褒美だと、モチベーションの維持は難しいのです。
そのため1か月ごとの遠いご褒美ではなく、短い期間でのご褒美を用意するようにしましょう。
例えば1週間で1kg痩せたら、ご褒美でスイーツを食べるのも1つの手です。
ダイエット中であれば、スイーツを食べることを我慢している方もいるでしょう。
我慢しているものをご褒美で食べるからこそ、モチベーションの維持につながります。
もちろんご褒美といっても、食べ過ぎてしまうと、せっかく痩せても体重が増えてしまい、罪悪感を感じる可能性があります。
そこでスイーツをご褒美にするなら、低カロリーのものを選択するなど工夫することも大切です。
小さな目標をいくつか達成した後に、最終的にはブランド物のバックや、旅行へ行くなど大きなご褒美を用意するのもコツの1つです。
1つ1つのご褒美を達成して、痩せるという目的を達成できるようにしましょう。
またご褒美というのは、どのような種類のものでも構いません。
食べることが好きな方なら食べ物、本を読むのが好きな方は好きな本を買うなど、自分の好きなものを用意するようにしましょう。
自分の好きなご褒美を用意するからこそ、モチベーションが維持できるのです。
痩せるためのダイエットですが、痩せるという目的だけではなく、ほかにもご褒美という目的を作れます。

最新記事