ファスティングダイエットとは食事の代わりに酵素ドリンクを置き換え食として利用するダイエット方法です。
ドリンクは色々な種類のものがありますが、自家製で作ることもできますし、大体の場合は市販のものを利用している人がほとんどです。
ファスティングの方法は、1日3食のうち1食、または2食を置き換え食として酵素ドリンクを飲むというものです。
簡単なので続けやすくて痩せやすく、健康と美容にもよい影響があるということで人気があります。
ファスティングダイエットの効果は、体重の減少だけではなく、便秘や肌のにきび、吹き出物なども改善することができます。
ダイエット中はできるだけ栄養バランスのとれた食事を摂取して、置き換え食でも十分に栄養を摂取することができるように考えることが大切です。
また運動はほとんどする必要がないので体重が重くてなかなか運動をすることができないという人にもおすすめです。
もちろん運動をしてはいけないというわけではなく、ストレッチなどハードではない運動から少し軽めのものまで運動をしたいという人はするといいです。
ファスティングダイエットをはじめたときには好転反応で頭痛や下痢、吐き気、だるさなどを感じることがあります。
それは体のなかのいらないものを排出するための反応なので気にする必要はないのですが、あまりにも症状はつらい場合は一度ファスティングを中止して体調を落ち着けてからもう一度はじめるといいです。
ダイエットの効果は人それぞれなのですぐに実感できる場合ばかりではないのです。
ファスティングダイエットのメリットは面倒なカロリー計算などをする必要がないということです。
しっかりと正しい方法で続けることで痩せていくだけではなく、便秘を解消して美肌になることができますし、肌荒れを解消できるので女性にも人気が高いダイエット方法です。
効果を早く実感したいというときもあります。
そんなときには3日間だけ集中して3食すべてを置き換え食にするという方法もありますが、これも正しい方法で行わなければいけないので、事前に注意点などをしっかりと確認することが大切です。
無理をして続けるのではなく、もし体調が悪くなったときにはすぐにやめるようにしましょう。

ファスティングダイエット後のリバウンドに注意する

ファスティングダイエットをしたのにすぐにリバウンドしてしまったという人もいます。それは注意点をしっかりと理解せずにダイエットを行ってしまったからです。
ファスティングダイエットでは準備期間と回復食がとても大切です。ただ食事をしなければいい、食事を置き換えればいいというわけではなく、きちんとした準備期間と回復食を考えて行うことで痩せた後もそのままキープすることができます。
ファスティングダイエットのメリットは簡単に痩せることができるということです。面倒なことをしなくても健康的に痩せることができるのでしっかりとした結果を感じたいという人にはおすすめです。
ですが集中したファスティングダイエットの後にリバウンドしてしまっては意味がないです。リバウンドの理由はほとんどの場合は回復食をせずにすぐ普通の食事に戻してしまった場合が多いです。
準備期間では少しずつ食事を減らして消化のよいものにしていきます。大体準備期間は1日かけて行い、翌日から3食のうち1食、または2食を置き換え食にしていきます。
回復食はダイエットを終了させる2日ほど前から少しずつ取り入れていきます。一度に食事を普通のものにしてしまうと胃腸が驚いてしまい体調を崩してしまう可能性もありますし、それまでのカロリーを一気に摂取してしまうことで減っていた栄養を逃さないようにしようと吸収してしまう可能性もあるからです。
リバウンドをしないように準備期間と回復食をしっかりと行うことを忘れないようにしましょう。回復食には消化のいいおかゆやリゾットの軽いものがおすすめです。
カロリーの低い、消化のいいものを少しずつ胃に入れていくことで胃を食べ物に慣れさせていくようにします。2日間ほどかけて回復食を食べたら、食事を元通りに戻していきます。