飲むだけで痩せる、というサプリメントは体重を気にする人なら一度は試してみたいと思うのではないでしょうか。
しかし、痩せる薬と呼ばれるものは本当に存在するのでしょうか。
さらに、その効果や安全性についても疑問が残ります。
ダイエットサプリには脂肪を包み込んで排出させるというものや、脂肪燃焼効果を高める、というものなど様々なものが存在します。
しかし、日本では医療現場で使われるような本当に効果があると認められた薬は医師によってしか処方できないというルールがあるため、ドラッグストアなどで簡単に購入できるものに大きな効果を求めるのはやめておきましょう。
ダイエットサプリはあくまでサプリなので、ダイエットを補助する目的で飲むことが必要です。
海外などの痩せる薬、ダイエットサプリには日本では認可されていない成分が配合されていることもあり、予想のできない副作用が出てしまう場合もあります。
安易に手を出すと効果がないばかりか健康を害することにもなりかねませんので、口に入るものは慎重に選ぶようにしましょう。
副作用は下痢や胃もたれといったものから倦怠感やうつ状態など身体だけの症状ではないものが含まれるのもダイエットサプリの特徴です。
服用をやめれば症状も収まることがほとんどですが、厚生労働省の発表によると、ある成分が含まれたダイエットサプリによって肝機能障害が起きる可能性があるとの注意喚起が出されています。
補足をすれば、ダイエットサプリには服用の方法などを記載することができないため、飲みすぎてしまうことも大きな原因です。
市販されているすべてのダイエットサプリに副作用が出るとは限りませんが、その症状には軽度のものから重篤なものも存在し、最悪のケースでは死に至ったという事例もアメリカなどでは存在します。
ダイエットサプリが身体に与える影響が大きければ大きいほど副作用も大きなものになりますので、成分などをしっかり確認して納得してから服用するように心がけましょう。

飲むだけで痩せる薬は存在しない!

ダイエットサプリには大きく分けて、脂肪の燃焼を助けるもの、食欲を減退させるもの、栄養の吸収を抑えるもの、満腹感を与えるものなどの種類があります。
飲むだけで痩せるというイメージで言えば、栄養の吸収を抑えるものが近いように感じますが、食べたものを吸収できなくなるということは飲み続ければ栄養失調になったり、下剤のように働くものである可能性も大きくあります。
脂肪燃焼タイプは運動をしてカロリー消費をしなければ意味がありませんし、満腹感が得られるというものもそれ以上に食べてしまえば結局は太るのです。
食欲を減退させるものというのは、薬の説明書でよく書かれている食欲減退という副作用のひとつを逆手に取ったものです。
常に胃もたれがしたり、食欲がわかないことはうつ状態を引き起こしたり、倦怠感で何もやる気が起きないといった精神的な負担につながることも大いにあります。
補足として、ダイエットの専門病院などでは飲むだけで痩せるという薬が処方されています。
しかし、それも基本的な作用は同じ、脂肪燃焼を高めるものか、食欲を抑制する作用のある薬となり、医師の監修のもと安全性に配慮して飲み方や量を調整しなければいけません。
ネット通販などで気軽に購入で来たり、個人輸入などで手に入るものもありますが、どんな副作用が起きても自己責任となります。
飲むだけで痩せるというのはとても魅力的なフレーズですが、そのために様々な負担が身体や精神にかかっていると考えると、安易に手を出すのが恐ろしくなるはずです。
痩せることが健康よりも重要視されると、様々な危険なダイエットサプリが販売されるようになってしまいます。
また、美しさも健康を損なっては成立しないということをしっかり認識して、正しい知識をもってダイエットを行うように心がけましょう。