私達の体は食べたものから出来ているので、食事を見直し、食べるものを選んで、食べる量を調節すれば自分の体調、体型はある程度コントロールすることが出来ます。
体にとって大事な栄養素を3代栄養素といいます。この3代栄養素は炭水化物、タンパク質、脂質のことを指します。
炭水化物とは主に米、パン、麺などに多く含まれている栄養素です。代表的な食品はご飯、食パン、菓子パン、うどん、そば、パスタなどです。
炭水化物は体の中で糖質として吸収されて、グルコースになって体内で蓄えられます。
グルコースは体を動かす上で欠かせない栄養素なので、完全にグルコースがなくなるような状態は避けなければいけません。
タンパク質は主に肉類、魚類、大豆類などに多く含まれている栄養素です。代表的な食品は牛肉、豚肉、鶏肉、サバ、マグロ、納豆、豆腐などです。
タンパク質は髪の毛、爪、皮膚などを形成する上で欠かせない栄養素です。また、筋肉の生成にも欠かせない栄養素でもあるので、筋力トレーニングをしている人はたくさん摂取しなければいけません。
脂質は青魚、ナッツ類などに多く含まれている栄養素で、代表的な食品はサバ、アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツなどです。
脂質は体の中で潤滑油のような役割を担っています。関節などを正常に動かすには脂質の存在が欠かせないです。
私達は、日々の食事の中で主にこの3代栄養素を摂取しています。細かく言えば、ビタミン、ミネラルなども摂取しているのですが、ここでは3代栄養素に注目していきます。
炭水化物、タンパク質、脂質のバランスを上手く取っていけば、極端に太ったり、痩せたりすることは無いです。
最近話題の糖質制限ダイエットとは、3代栄養素の一つである炭水化物を控えるダイエット方法です。
糖質が多く含まれているご飯、食パン、菓子パン、うどん、そば、パスタなどの食品を、基本的には食べないダイエット方法なので、効果は高いです。

おやつを食べてもいい!低糖質のおやつとは

糖質制限ダイエットでは、炭水化物を控えます。なぜ炭水化物を控えるのかというと、炭水化物は糖質に変化して、体内でグルコースとして蓄えられます。
このとき蓄えたグルコースを使えきれば問題ないですが、多くの人はこのグルコースを使い切ることは出来ません。
原因は運動不足です。運動をしないのに、グルコースを蓄え続ければグルコースは余ります。
余ってしまったグルコースは脂肪に変わってしまいます。一度付いた脂肪を落とすのは非常に難しいです。
なので、日々の食事で糖質を制限していくのです。しかし、糖質を抑えた食事というのは低カロリーになりがちなので、お腹がすきます。
なので、空腹を抑えるために高タンパク質、低カロリーの食事を一日に5回ほど食べます。高タンパク質、低カロリーの食事とは、主にとり胸肉、ささみ、赤身の肉、サラダなどです。
どうしてもおやつを食べたいという人には、低脂肪ヨーグルト、ソイジョイなどがお勧めです。
低脂肪ヨーグルト、ソイジョイなどはおやつの中でも高タンパク質、低カロリーなおやつです。なので、食べ過ぎなければOKです。
糖質制限ダイエットでは、低糖質な食事を1ヶ月以上継続します。最初の内はストレスを感じると思いますが、低糖質の食事に慣れればゴールはすぐそこです。
食習慣というのは簡単には変えられないですが、一度慣れてしまえばその食生活を続けるのはそれほど苦ではなくなります。
極端な糖質制限は危険ですが、一日の総カロリーを計算して、その総カロリーの中で食べられるものを計算していくという習慣を見つければ、お腹が減って耐えられないということはなくなるので自然と細くなれる糖質制限ダイエットは魅力的です。
糖質制限ダイエットは大変ですが、一日の食事の中に高タンパク質、低カロリーなおやつなどを織り交ぜて、上手く実行していきましょう。